青髭対策の10個の方法を解説!青ヒゲができる原因とは?

青ヒゲ
青髭で悩む男性

青髭の原因って何?
青髭対策の方法も知りたい!

こんなお悩みを解決します。

この記事の内容

・青髭の原因
・青髭のデメリット、青髭を改善するメリット
青髭を無くす具体的な10個の方法

この記事の筆者

この記事の筆者

2019年からメンズ脱毛ぬけるーのを開始。

2023年現在2店舗を運営し、ヒゲ脱毛施術経験は1,000人以上。
自身も青髭に悩んだ経験あり。

メンズ脱毛ぬけるーのblogの全記事の筆者。
株式会社Will Force
代表取締役 横地隆宏

私も含めお客様が青髭を無くしたい理由は、青髭で清潔感がなく、老けて見えてしまうからです。
髭剃りを念入りにすると、髭剃り負けで肌が荒れてしまうお悩みも抱えていました。

この記事を読み終わる頃には青髭の悩みが解消されています。

朝に髭剃りしても夕方に青髭になってしまう方は、この記事は5分で読めるので最後まで読んでみてください。

目次

青髭になってしまう原因とは

青髭の原因

青髭の原因は皮膚の下にあるヒゲ(毛)が透けて青く見えること

顔の皮膚は薄く、さらにヒゲは太く密度が高いのでが目立ってしまいます。

青髭対策で根本的な唯一の方法とは

青髭を無くすヒゲ脱毛3回後のビフォーアフター
ヒゲ脱毛3回後のビフォーアフター
青髭を無くすヒゲ脱毛11回後のビフォーアフター
ヒゲ脱毛11回後のビフォーアフター
青髭を無くすヒゲ脱毛20回後のビフォーアフター
ヒゲ脱毛20回後のビフォーアフター

青髭の根本的な方法はヒゲ脱毛のみ

青髭を解決するには、皮膚の下の毛(ヒゲ)を無くす以外に方法はありません。

その方法はヒゲ脱毛とブラジリアンワックスの2種類があります。
ヒゲ脱毛すればほぼ毛が生えて来なくなりますが、ワックス脱毛は効果が1〜2週間である事が弱点です。

そのため、青髭の対策はヒゲ脱毛のみと言えます。

青髭の2つの大きなデメリット

清潔感がなく、不健康そうに見えてしまう

青髭があると清潔感がないように見えてしまう

65%の女性が青髭が嫌いというデータが出ています。(※ @Press)

第一印象は大変重要です。女性からの印象を良くするのであれば青髭はない方が良いでしょう。

また、青髭があると顔全体のトーンが下がってしまい、元気がなかったり、疲れていたり、青白く、不健康そうに見えてしまいます。

実年齢より老けて見られる

青髭で老けて見えてしまう

青髭は実年齢より老けて見られてしまいます。

顔で老けて見えるポイントは肌のキレイさ・たるみ・シワです。

婚活中であればで青髭対策するのがオススメです。

即効性があるのが良い点で、効果も絶大です。

青髭を改善する2つのメリット

清潔感のある顔になり、実年齢より若く見られる

青髭がないと清潔感のある顔になり、実年齢より若く見られる

青髭がないと清潔感のある顔になり、実年齢より若く見られます。
私は5年間で1,000人以上のヒゲ脱毛を行なってきましたが、青髭がないだけで5歳は若く見えます。

特に 30歳以上の方は、若く見える効果が顕著に分かります。

綺麗な肌になり、青髭のコンプレックスが解消できる

青髭がないと綺麗な肌になる

顔の綺麗な状態を維持できます。
青髭が無くなると髭剃りが減り、カミソリの刃が与える肌へのダメージが少なくなるので美肌になります。

また青髭が無くなると、コンプレックスが無くなり自信を持てる様になります。

毛穴も目立たなくなり、ツルツルの肌になります。

髭剃り負けでお悩みの方は、ヒゲ脱毛が根源的な対策なのでオススメです。

こちらに髭剃り負けについて詳しく書いているので参考にしてみてください。

青髭の対策|10個の方法を徹底解説

青髭を無くす10個の対策

青髭対策の方法は10個

簡単に手軽に出来る方法から、手間が掛かる方法まであります。

青髭対策の方法一覧

  1. ヒゲ脱毛をする
  2. ヒゲを抜く
  3. カミソリで念入りに髭剃りをする
  4. 蒸しタオルでヒゲを温めてから、髭剃りをする
  5. 思い切ってヒゲを生やしてしまう
  6. 日焼けして目立たなくさせる
  7. メイクするまたはコンシーラーを塗って隠す
  8. ブラジリアンワックスで脱毛する
  9. 男性ホルモンを抑える食生活をする
  10. 抑毛ローションを使用する

上記の10個の方法のとメリットとデメリットを解説します。

ヒゲ脱毛をする

実際のヒゲ脱毛の動画
メリットデメリット
髭剃りの時間と手間がなくなる
金銭的に大きく節約できる
青髭が根本的に無くなる
自己処理する必要が無くなる
ヒゲ脱毛の費用が必要
通う必要がある
痛みを伴う場合がある
始めるのに多少手間がかかる
ヒゲ脱毛のメリットとデメリット

脱毛クリニック、脱毛サロンでヒゲ脱毛することが最も効果的で効率的です。
毛根から毛をなくし、持続性があるのはヒゲ脱毛だけです。

ヒゲ脱毛のメリットとデメリットは以下の記事で詳細を書いています。

個人差はありますが、青髭をなくすにはヒゲ脱毛が15回前後は必要です。
以下の記事で詳細を書いています。

ヒゲ脱毛を選ぶ時は、金額の相場を知ってお店を探した方が効率的です。
相場を知れば高いのか安いのか判断できるからです。
以下の記事で詳細を書いています。

メンズ脱毛ぬけるーのではヒゲ脱毛30回コースをご用意しているので安心してヒゲ脱毛を行えます。

ヒゲを抜く

青髭の対策としてひげを抜く
ヒゲを抜く
メリットデメリット
自宅でいつでも出来る
お金がかからない
手間が掛かる
痛い
毛根は機能しているので一時的な効果しかない
毛根が傷つき毛根が開いてしまうので肌が荒れて汚く見える
肌へのダメージが大きい。
ヒゲを抜くメリットとデメリット

毛抜きで毛を抜くという行為は皮膚に生えている毛を毛根から”無理矢理引っこ抜く”事です。
毛を抜くと毛穴が傷つけて開いてしまい、雑菌が入りやすくなり肌荒れの原因になります。

1.2回なら問題ないですが、何度も繰り返すことで毛穴が厚く硬くなってしまい、皮膚が荒れて汚く見えてしまうので、抜いてはいけません。

ヒゲを抜くと傷が発生して跡が残る可能性があるのでNGです。

カミソリで念入りに髭剃りをする

青髭の対策としてカミソリで念入りに髭剃りをする
メリットデメリット
自分でできるメリット
ヒゲ剃り直後の数時間はキレイな状態を保てる
毎日髭剃りのお金と時間が掛かる。
皮膚の下の毛は除去出来ないので一時的な効果しかない。
肌への負担がある
カミソリで念入りに髭剃りをするメリットとデメリット

電気シェーバーよりカミソリの方が深剃りできるので、青髭対策としてはカミソリの方が効果的です。
根本からしっかり剃れるからです。

ですが、カミソリで深剃りしてしまうと髭剃り負けの原因になってしまいます。
強い力で髭剃りする事はなるべく避け、正しい剃り方を心掛け、剃り残しのないように注意して剃りましょう。

シェービング用のクリームやシェービングフォームを使用して優しく剃ることを心掛けて下さい。

カミソリより電気シェーバーの方が肌へのダメージが少ないので、オススメです。

毎日の髭剃りの負担は蓄積するので、髭剃りを続ける限り肌荒れは治りにくくなります。
肌荒れがある時は、1週間ほどは髭剃りを辞めて治るように専念しましょう。

除毛クリームでヒゲの処理をすると肌への負担が大きいので、やめましょう。

蒸しタオルでヒゲを温めてから髭剃りする

青髭の対策として蒸しタオルでヒゲを温めてから、髭剃りをする
メリットデメリット
髭剃り負けも予防できる
リラックス効果がある
洗顔の後についでにできる
手間が1つ増える
蒸しタオルでヒゲを温めてから髭剃りをするメリットとデメリット

髭剃り前に蒸しタオルを目の下から口の周りまで、数分ヒゲを温めると、水分でヒゲが柔らかくなり根本からヒゲを剃れる様になるので深く逸れます。

蒸しタオルを当てることで、保湿効果も得られて髭剃り負けも軽減できます。
さらに化粧水で保湿すれば保湿効果が高まります。

手順が多いのがやや難点です。

蒸しタオルにアロマオイルを数滴垂らすとリラックス効果もありオススメです。

ヒゲを生やして青髭を隠す

青髭の対策として、ヒゲを生やして青髭を隠す
メリット デメリット
似合うとかっこいいなし(ヒゲを生やせる職業が限られる)
ヒゲを生やすメリットとデメリット

ヒゲが似合う方でお仕事で問題なければ良い解決策です。

ただヒゲを生やしていない部分は青髭が見えるので、残っている部分のみ脱毛すると良いでしょう。

日焼けして目立たなくさせる

青髭の対策として、青髭が分からない位の日焼けして目立たなくさせる
メリットデメリット
健康的に見える定期的に日焼けサロンに通う必要があるので費用がかかる
肌を焼くことで皮膚癌になる可能性が上がる
日焼けは肌へのダメージが大きいので肌の劣化・老化が加速する
日焼けのメリットとデメリット

肌が黒いと青髭は見えにくくなるものの、日焼けは肌へのダメージを与えてしまうのであまりオススメ出来ません。

肌のダメージの大きな部分が「紫外線によるダメージ」と「乾燥」とされています。
日焼けを継続的に行うと肌の老化が加速度的に進むので美容的にはオススメはできません。

メイクするまたはコンシーラーを塗って青髭を隠す

青髭の対策として、メイクするまたはコンシーラーを塗って青髭を隠す
男性のメイク
メリットデメリット
劇的に綺麗になる毎日メイクする必要がある
メイクアイテム(道具)費用が必要
男性のメイクは心理的ハードルが高い
男性のメイクのメリットとデメリット

コンシーラーで特に青髭の気になる部位をカバーしてしまえば、目立たなくなります。

またはコンシーラーより隠す効果は劣るが、ファンデーションで広範囲をカバーする方法もありますし、ファンデーションとコンシーラーの効果を持つBBクリームでカバーしても良いでしょう。

今はメイクする男性も増えてきました。
ただ、男性のメイクは心理的なハードルが比較的高く、練習が必要なのでメイクで青髭を隠す難易度は高めです。

メイクでファンデーショや下地を塗る場合も青髭が隠しきれない場合が多く、メイク男子はヒゲ脱毛する方が多いです。

ブラジリアンワックスで脱毛する

青髭の対策としてブラジリアンワックスでヒゲを抜く
メリットデメリット
使用した部位が1度でツルツルになる
古い角質が同時に剥がれるので肌が綺麗になる
全身の脱毛に使用できる
毛の色、肌の色関係なく誰でも利用できる
剥がす時の痛みが強い
定期的に使用し続ける必要がある
毛を皮膚の上に1cm以上伸ばさないと脱毛できない

1度で結果が出て綺麗になるのが最大のメリットです。
市販されている製品もあり、家庭でも手軽にできます。

光脱毛やレーザー脱毛ができない部分も脱毛でき、大切な場面や今すぐに効果が欲しい方はオススメできます。

注意点は効果が1-2週間しか継続しないことです。

男性ホルモンを抑える食生活をする

青髭の対策として男性ホルモンを抑える食生活をする
メリットデメリット
食生活が改善する
健康的
費用をあまり必要としない
普段の食生活にプラス1品するだけで、手軽に出来る
効果が出るのに時間が掛かる
定期的に食べ続ける必要がある
筋トレなど男性ホルモンが出る習慣があると効果が半減する
男性ホルモンを抑える食事のメリットとデメリット

男性ホルモンの分泌が多くなると、ヒゲも影響を受けて濃く目立ってしまいます。

大豆には男性ホルモンを抑える役割があります。
継続して摂取することで青髭の改善が見込めるので、積極的に食事に取り入れていきましょう。

ただ、筋トレなど男性ホルモンが出やすい習慣があると、大豆イソフラボンの効果が出ずらいです。

抑毛ローションを使用する

青髭の対策として抑毛ローションを使用する
メリットデメリット
費用をあまり必要としない
普段使っているケアのプラスするだけで出来る
効果が出るのに時間が掛かる
定期的に使い続ける必要がある
抑毛ローションのメリットとデメリット

抑毛ローションとは毛が生える事を抑え、毛を細くしたり成長を一時的に抑制する効果が含まれる商品です。

抑毛ローションの主な成分は大豆イソフラボンとパイナップルエキスで、大豆エキスは女性ホルモンと似た性質があり、毛の成長を抑制する効果があります。

他の方法と比べて一番手軽で、普段の手入れにプラスするだけで対策できます。

効果が出るのに時間が必要なので、他の方法と併用して抑毛ローションを使う事がおすすめです。

青髭になりやすい人の3つの特徴

青髭になりやすい人には特徴があります。

  • 髭が太い、髭の密度が高い人
  • 肌が白い、皮膚が薄い人
  • テストステロンが多い人

髭が太い、髭の密度が高い人

青髭になりやすい人の特徴は髭が太い、髭の密度が高い人

上の図の様にひとつひとつの髭が太いと髭を剃った時の断面が大きくなってしまうため、青髭になりやすい傾向があります。

髭や体の毛が濃い人は青が目立ちやすいです。

肌が白い、皮膚が薄い人

青髭になりやすい人の特徴は肌が白い人

色白の方と皮膚が薄い方は髭が透けて見えやすいので青髭が目立ちやすいです。

皮膚が薄くなってしまうのは、先天的な要因もあれば、後天的に皮膚が薄くなってしまう方もいます。
一般的な肌の色で青髭が目立つ方は、皮膚が薄い可能性があります。

青髭を隠す目的で日焼けする方もいますが、紫外線は肌を老化させてしまうので、日焼けはなるべくやめましょう。

テストステロンが多い人

青髭になりやすい人の特徴はテストステロンが多い人

男性ホルモン一種のテストステロンが多く分泌されると、体毛の成長を促し、髭が濃くなります。

また過剰なストレスや乱れた食生活、過度な筋力トレーニングでもテストステロンが多く分泌されます。

食生活や生活習慣を見直し、睡眠のリズムを整えるようにしましょう。
健康的な生活をすれば、ホルモンバランスが改善されます。

青髭の対策ならヒゲ脱毛がオススメ

10個の青髭の改善方法をご紹介しましたが、最も効率的な方法はヒゲ脱毛です。

こちらではヒゲ脱毛のメリットとデメリットを紹介します。

ヒゲ脱毛のメリットは?費用と時間をかけてやる価値はある?

ヒゲ脱毛のメリットは?費用と時間をかけてやる価値はある?

ヒゲ脱毛は一時的に大きな出費になりますが、今後の髭剃り代を考えると大きな金額を節約できます。
金銭面だけ考えてもヒゲ脱毛はお勧めできます。

ヒゲ脱毛すると青髭が無くなるだけでなく、毎日の髭剃りの手間と時間もなくなり、髭剃り負けも無くなります。

青髭対策のヒゲ脱毛のビフォーアフター1
青髭対策のヒゲ脱毛のビフォーアフター2
青髭対策のヒゲ脱毛のビフォーアフター3

メリットが大きいので、費用と時間を掛けてヒゲ脱毛する価値はあると言えるでしょう。

ヒゲ脱毛のデメリットは?後悔しない?

ヒゲ脱毛のデメリットは?後悔しない?
  • 費用が掛かる
  • 痛みがある
  • 通う必要がある

ヒゲ脱毛は1回で終わることはなく、5回以上は施術を受けなければなりません。
ただ、ツルツルにするのに回数の個人差があります。

こちらで詳しく解説しています。

契約して続けられないリスクを負うよりは、まずは体験で痛みを確かめてみましょう。

レーザー脱毛は麻酔をしても耐えきれない方もいて、イメージより痛くて後悔する方もいます。

こちらで詳しく解説しているので読んでみてください。
痛みを感じにくい方や、痛みを強く感じる方もいます。

ヒゲ脱毛の3つの脱毛方式

ヒゲ脱毛には3つの種類の脱毛方式があります。

  • 医療レーザー脱毛
  • エステ光脱毛
  • ニードル脱毛

脱毛方式別で価格の差や痛みの違いがあります。

それぞれメリットとデメリットも合わせて、詳しく解説していきます。

最近の主流はレーザー脱毛と光脱毛です。

エステ光脱毛

青髭の対策として光脱毛で髭を無くす

値段と効果のバランスが最も良い脱毛方式。光を照射して脱毛を行う。

エステ光脱毛と医療レーザー脱毛は脱毛の原理原則は同じです。

医療レーザー脱毛とエステ光脱毛とニードル脱毛の違い

図の様に光脱毛は低価格であるが、レーザー脱毛より効果が低いため、脱毛の必要な回数は少し多めです。

光脱毛のメリット光脱毛のデメリット
・金額が低い
・痛みが少ない
・脱毛効果が高い
エステ光脱毛と医療レーザー脱毛は脱毛の原理原則は同じである
・回数が少し多めに必要
・皮膚トラブルは皮膚科に行く必要がある

こちらで光脱毛について詳しく解説しているので、読んでみて下さい。

医療レーザー脱毛(永久脱毛)

青髭の対策として医療レーザー脱毛で髭を無くす

レーザー脱毛は金額は高いが効果も高い。レーザーを照射して脱毛を行う。

医療レーザー脱毛は、医師がいるクリニックや医療機関でのみ施術可能となります。

医療レーザー脱毛のメリット医療レーザー脱毛のデメリット
・回数が少なく完了できる
・少ない回数で効果が実感できる
・麻酔を使用出来る(別途料金が必要)
・医師が常駐している安心感がある
・クリニックや医院で脱毛を受けられる
・金額が高い
・痛みが強い
・肌トラブルの際に対応してくれる(別途料金が必要)

ニードル脱毛

青髭の対策としてニードル脱毛で髭を無くす

ニードル脱毛は電気が流れる針を使用した脱毛方式で、毛根などを破壊することで半永久的な脱毛ができる。

二ードル脱毛のメリットニードル脱毛のデメリット
白髪も脱毛できる
・日焼けしていても脱毛できる
硬毛化、増毛化した毛も脱毛できる
・高い効果を期待できる
・非常に細かい部分まで調整して脱毛できる
・金額が最も高い
・痛みが他の脱毛と比較できない程強い
・来店回数と期間が長い

ニードル脱毛はひとつの毛穴に対して電流を流して脱毛するので、効果がとても高く白髪に効きます。

ヒゲ脱毛でも最低100万円は必要です。
とても高額なので現在の日本でニードル脱毛を選択される方はごく少数です。

小さい範囲の毛を確実に無くしたい人向けです。

痛みがかなり強いので不安な方はトライアルなどで痛みを確認しましょう。

傷みが苦手、脱毛費用を抑えたい、ヒゲがツルツルになる程度で良いという場合は【光脱毛】が一番適しています。

青髭をなくすヒゲ脱毛の費用

青髭を無くすヒゲ脱毛の費用

3つの脱毛方式で必要な金額が異なります。

個人のヒゲの濃さや体質で金額は変動するので、目安の金額です。

光脱毛

相場より低めのお店 7,000円×15回=105,000円
相場位のお店 8,500円×15回=127,500円
相場より高めのお店 10,000円×15回=150,000円

レーザー脱毛(麻酔代含む)

相場より低いお店 (15,000円+4000円)×13回=247,000円
相場位のお店 (20,000円+4000円)×13回=312,000円
相場より高めのお店 (25,000円+4000円)×13回=377,000円

ニードル脱毛

100〜150万円前後

こちらの記事に金額の相場について詳しく解説しているので、気になる方におすすめの記事です。

青髭対策のまとめ|試してみる

青髭対策の方法と、最も効果的な方法のヒゲ脱毛について詳しく解説してきました。

まずは手軽に出来る方法から試して行って、手間やお金がかかるものに着手するのも良い方法です。

青髭は絶対いらない!どうしても無くしたい!と思っている方はトライアルやお試しでヒゲ脱毛してみても良いでしょう。

メンズ脱毛・ヒゲ脱毛ぬけるーの
メンズ脱毛・ヒゲ脱毛ぬけるーの

メンズ脱毛ぬけるーのはgoogle口コミ146件4.9の評価を頂いています。
下のボタンからお気軽にLINEや電話でご予約、ご相談、お問い合わせください。

全身脱毛や腕・足などの部分脱毛、VIOの脱毛まですべての種類のメニューを用意しております。

青ヒゲ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

メンズ脱毛専門店ぬけるーの

メンズ脱毛ぬけるーの
目次